1. ホーム
  2. セリフ考察
  3. ムーンブルクの城

セリフ考察(ムーンブルクの城)

王の魂
「わしはムーンブルク王の魂じゃ。
わが娘、△△は呪いをかけられ、犬にされたという。
おお、くちおしや……」

クロノトリガーではカエルにされたグレンという少年が登場しますが、彼も目の前で親しい人を殺された後、敵に呪いをかけられています。鳥山明がキャラクターのデザインをするゲームの傾向がつかめたような気がします。

王女がいる場合は次のやり取りが加わります。

ムーンブルクの王女
「お父様!
私はここにいますわ!」
王の魂
「誰かいるのか?
わしにはもう何も聞こえぬ。
何も見えぬ……」

ドラクエ1や3でも同じことを言う瀕死の人がいます。


魂 (左上の部屋)
「ここから東の地、4つの橋が見えるところに小さな沼地があるという。
そこにラーの鏡が……
これを誰かに伝えるまで私は死にきれぬのだ……」

これで伝えたので死にきれるはずですが、一向に魂が消える気配がありません。


魂 (下の部屋)
「うわ~、ハーゴンだ!
ハーゴンの軍団が攻めてきた!
助けてくれー!」

ハーゴン本人も現れたということでしょうかね。それを伝えるために、わざわざ魂の状態で残っているのでしょうか。

地下室で倒れている兵士
「ああ、姫様……
私は姫様をお守りできませんでした……
そのため姫様は呪いで姿を変えられ、どこかの町に…
しかし、もし真実の姿を映すというラーの鏡があれば……
姫様の呪いを解くことができるでしょう……
旅の人よ、どうか姫様を、姫様を……
ぐふっ!」
→ 死んで魂になる

この純正な忠誠心はまさに兵士の鏡。と言いたいところですが、王のことはあまり気にかけていないようです。単なる姫様のファンだったのかもしれません。

ムーンブルクの王女がいる場合は…

地下室で倒れている兵士
「も、もしやそのお姿は○○姫様では……
そうでしたか……
そうでしたか……」
→ 完全に消えてなくなる

…と安心して天へ召されます。

データ(キャラクター)

主人公キャラ

敵キャラ

データ(アイテム・呪文)

アイテム(装備品)

アイテム(道具)

特殊能力

攻略TIPS

知識・テクニックなど

小ネタ

スポンサードリンク